だらだらと書いてます。


by luchino001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

鞍馬寺

 先週、鞍馬寺へ行って参りました。

 唐招提寺を開いた鑑真和上の高弟、鑑禎(がんちょう)上人が、宝亀元年(770)、草庵を結び毘沙門天を安置したのがはじまりで、鞍馬弘教(天台宗から独立)の総本山である。

e0022983_22362090.jpg
e0022983_22363172.jpg

 ケーブルカー乗り場。
 なぜか字が可愛い。
 敷地内は長い山道が続いているので徒歩で行くと疲れるが、ケーブルカーに乗ると由岐神社を通り過ぎてしまうので、行きか帰りのどちらかは歩く方がいいでしょう。
 由岐神社は大杉社や清水寺に似た床組みの様式で作られた拝殿(重要文化財!)があり、見所が多い。

e0022983_22364357.jpg
e0022983_22365110.jpg

 マイナスイオンが充満しきっていて、どこを歩いても気持ちいい。

e0022983_2237220.jpg

 由岐神社にある大杉社(願掛け杉)。
 高さ53メートル、樹齢800年という御神木である。
 こういうビッグツリーを見ると無性に抱きつきたくなるのは何でだろう。


 鞍馬寺の近くには川床で有名な貴船神社があり、こちらも独特な神社で面白い。
 しかし、ここは丑の刻参りでも有名なので、夜中にいくことは冗談でもおすすめできない。
 友人Dによると、悪ふざけで仲間数人と貴船神社へ行ってみたら、心の底が凍りつく光景を目にしてしまったとか。

 鞍馬寺はこないだ行った仁和寺の庭園や、金閣寺のような立派な建物があるわけではないが、山の自然が豊かで、本当に天狗が出てきてもおかしくないと思えるくらいスピリチュアルな雰囲気がある。
 本殿のあるあたりまで上ると木々に閉ざされていた参道が突然開けて、素晴らしい景色が楽しめる。
 そしてさらに上っていくと、木々が重なり合うように生い茂り、濃厚な緑に包まれていく。
 その静寂感は怖くなるほどで、木々の間から通り過ぎる風の音が神秘的な雰囲気を醸し出していた。

 かなり長い距離を歩くことになるため、ハイキングするくらいの心構えで行きましょう。


 関連 鞍馬寺wikipwdia
      貴船、鞍馬
[PR]
by luchino001 | 2006-06-08 23:22 | 京都・滋賀