だらだらと書いてます。


by luchino001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

光市母子殺害事件 死刑判決

 表題の事件の被告人の元少年に死刑判決が出た。
 会見での本村さんの受け答えには、死刑や事件について悩み考え抜いた人のみが持ちうる言葉の重さがあった。

 世の中にはあまりに極悪で生きていてはいけない人間、どんなに贖罪の心があったとしても死をもってしか償えない過ちというのは、たぶん存在する。
 しかし、今回の事件では、事件の本質とは別のところで、裁判官は否定するだろうけれど国民の多くが被告の死刑を望み、裁判所がそれに応えたといった側面が無きにしも非ずという気がして空恐ろしく感じられ、どちらにしろ死刑だったように思えるものの個人的にどうも気持ちが悪い。

 被告の命を自分たちの主義主張に利用し(たように見える)、目的達成のために手段を選ばぬ弁護手法をとり、それが却って一般市民の反感を招いて裁判に混乱を与えた弁護団の責任は極めて重大だと思う。
 あの連中がどうしようもなかったと共にマスコミも感情的に過ぎ、そして視聴者の感情に訴えかけようとしているところがあり、こんな報道でいいのだろうかというものもいくつかあった。

 やはりすっきりしないな・・・。
[PR]
by luchino001 | 2008-04-23 00:44 | テレビ・時事・ニュース