だらだらと書いてます。


by luchino001
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:テレビ・時事・ニュース( 32 )

 こんなニュースがありました。

五輪招致で建築家対決…東京・安藤氏、福岡・磯崎氏

 2016年夏季五輪開催地に立候補した東京都が、メーンスタジアムなどの基本デザインを建築家の安藤忠雄氏(64)に依頼したことがわかった。

 ライバルの福岡市は磯崎新氏(74)が制作総指揮者として開催計画をまとめており、五輪招致は国内を代表する大物建築家対決の様相になった。

 国内候補地は8月末に日本オリンピック委員会(JOC)理事らの投票で決定する。

 関係者によると、石原慎太郎都知事が面識のある安藤氏と会って基本デザイン作りを依頼、安藤氏から快諾を受けたという。

 都は既にメーンスタジアムを中央区の晴海ふ頭、メディアセンターを築地市場跡地(12年度に移転予定)、選手村を江東区の有明地区に建設し、残りは既存施設を最大限活用する計画を発表している。安藤氏には6月末の開催概要計画書提出に向けて、主要施設などのデザインを手がけてもらう考えで、近く基本構想や都側の要望を安藤氏側に伝えるという。

 安藤氏と磯崎氏はともに国際的に高い評価を得ている建築家だが、安藤氏が高卒後、欧米を放浪しながら独学で建築設計学を習得したのに対し、磯崎氏は東大大学院を修了し、建築界の重鎮・丹下健三(2005年死去)に師事して本流を歩み続けるなど、その経歴は対照的だ。

 福岡市は磯崎氏が中心となり、博多湾岸の3か所に競技施設を集中させ、イタリア・ベネチアのような水上都市をイメージした五輪後の再開発理念も盛り込んだ計画を決めている。

 「表参道ヒルズ」(渋谷区)などを設計した安藤氏が、五輪でどんな斬新なプランを示すかが注目される。

(2006年5月12日3時4分 読売新聞)



 建築家対決なんて書かれているけど、確かに2大巨匠ではあるが安藤氏はメインスタジアムの設計なのに対して磯崎氏は制作総指揮者という立場なので、対決というのとはちょっと違う。

 まあそれはいいとして、安藤氏はともかく、建築を学んでいない人で「磯崎新」という名前を聞いたことのある人はあまりいないのではないかと思う。
 業界的にはとてつもなく偉大な存在であるけれども、磯崎氏の建築はどうも素人受けしにくい(プロにも受けないときがある)ものが多いし、僕も建築より著作の方が好きだったりする。
 でもプロデューサー的な役回りをさせたなら、この人は本当に凄い。
 こういうことをやらせたら、彼にかなう人なんて日本にはおそらくいないし、個人的にもわくわくして想像を掻き立てられてしまった。
 全体の計画に建築家が関わらないと、ハコの設計だけ任せても、全体のまとまりが欠けて失敗してしまうような気がしてならない。
 もしも僕がJOC理事なら福岡に投票することでしょう。

 それにしても、政界とのパイプが太いためか、こういう時になるといつも安藤忠雄という名前ばかりが出てくる。もっと他にアイデアはないのか。
 安藤氏は還暦をとっく過ぎているにも拘らず、あまりに膨大な量の仕事をしているのでもっと若手に分けてあげて欲しい。
 正直なところ、彼による大きな建築はどれも空間が間延びしてしまっているような印象を受けてあまり好きではない。
 逆に中小規模の作品はかなり力強い空間のものが多く、非常に好きなのだが。
 まあ、建築が出来てしまえば、批判など名前でかき消されてしまうのは間違いない。
 あ、名前なら磯崎新もそれくらいの力はあるか。

 東京なら、伊東豊雄がいるでしょうに。
 近作では、福岡に作られたアイランドシティ中央公園の中核施設『ぐりんぐりん』は凄い。
 ガウディ顔負けのうねり具合が特に。
 柱と梁の構造の考え方から完全に開放されていて、中と外や上と下の区分が曖昧かつ連続したかたちは、非常に斬新なものとなっている。
 というのはあくまでも写真の印象で、実際はどうかというと生で見ていないので分からないが、友人達の話によれば欠点も多い作品らしい。
 壁が分厚すぎるとか、でかすぎるとか。
 しかし、勇気を持ってこんな新しい領域に踏み込んで変わり続けられるというのは尊敬に値する。
 興味のある方はGoogleでイメージ検索してみてください。

 あれ、話が脱線してしまった。
 とにかく、五輪候補地は大物建築家が絡んで面白くなりそうです。
[PR]
by luchino001 | 2006-05-12 20:28 | テレビ・時事・ニュース
 脳科学者の茂木健一郎氏がキャスターを務める番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』が最近お気に入りの番組である。
 今週のゲストは英語講師の竹岡広信氏。
 実を言うと、僕は彼の教え子である。
 高校時代、英語の偏差値が30台で喘いでいた僕は彼に救われたと言ってもいい。
 竹岡さんの講義を始めて受けたとき、これで英語は何とかなると確信したと同時に、英語を好きになったことを思い出す。

 放送を楽しみにしていたのだが、残念ながら仕事で見逃してしまった。
 どんな内容だったのか気になったので番組のHPを覗くと、彼の写真があった。
 顔を見るのは9年ぶりだが、竹岡さんめちゃくちゃ太った・・・・・。
 白髪も随分と増え、相当身を削って仕事をしているように感じた。
 ドラゴン桜のモデルだったとは知らんかったわ。
 あのころは京都(丸太町周辺)では知る人ぞ知る名講師というくらいだったのに、えらい出世しましたね。
 予備校や高校の講師だけでなく地元の亀岡でも塾を経営しているらしいが、相変わらず『即戦ゼミ』を持っている生徒に「そういう詰め込むだけのもんやっても頭が悪くなるだけや、なんぼしても勉強にならへんから捨てろ」とか言ってるのだろうか。

 それと、未だに頭を洗うときリンスを使っていないのか、凄く気になる・・・・。

関連 プロフェッショナル 仕事の流儀
[PR]
by luchino001 | 2006-03-18 23:23 | テレビ・時事・ニュース

書き忘れていたこと

 トリノオリンピックに夢中でこの事件について書きそびれていたことをいくつか。

 その1
 滋賀の長浜園児殺害事件には驚いた。
 僕自身、3ヵ月ほどではあるけれども仕事の関係で長浜市に暮らしていたことがある。
 雪は多いが琵琶湖と歴史を感じさせる町並みが美しく、非常に暮らしやすい町だったが、こんな痛ましい事件によってあの町を思い出すことになり、少々複雑な気分になってしまった。

 テレ朝系列のお昼の番組には反吐が出る。
 あの番組は主婦をマインドコントロールするのに躍起になっているんじゃないか。
 ニュース23よりもさらに偏った内容にはうんざり。
 あの番組では『政府と大企業は常に悪で、一般人はみんな善良で弱い被害者』『日本はアジアから孤立している』というメッセージが毎日流されている。

 作家のなかにし礼氏がこの事件について、語っていたことに心底憤りを感じた。
 被害者の両親にとってあまりにも気の毒な事件だが、もう起きてしまったことだから仕方がない。
 それより、地域の人間は中国人である犯人を、外国人なのだからもっと配慮して接するべきだった。
 ここまで追い詰めてしまうなんて、日本人はなんと外国人に冷たいのか。
 外国人の方の気持ちをもっと考えるべきだ。

 以上のような内容を言っていたのだが、何でそういう発想になってしまうのか分からない。
 彼は長浜で加害者と被害者家族、幼稚園の関係を少しでも見たことがあるんだろうか。
 そもそも原因に彼女の国籍が関係していたと断定はまだできない。
 長浜市の周囲の人間が外国人に無理解で冷たいなんて憶測に過ぎないことをテレビで発言するのは信じられない。
 だいたい日本人は彼が言うほど外国人に冷たいと僕は思っていない。
 むしろ気を使っている人の方が多いんじゃないか。
 欧米であればもっと理不尽な経験をうけることが多いはずだ。
 それでも海外で暮らす以上、日本でも軋轢はあるだろう。
 だからといっていちいちそれら全てを現地の人や制度のせいにするのなら、その人は海外に出るべきではないと思う。

 その2
 メタンハイドレードが新潟県沖で採取されたというニュース。
 メタンハイドレードとは、海底でメタンガスがシャーベット状に固形化されたもので『燃える氷』ともいわれている。
 1㎥のメタンハイドレードを分解すると、水0.8㎥とメタンガス約172㎥(大気圧下、0℃)が得られ、試算によると国内で、7.4兆m3が埋蔵されているとのこと(この数字は僕が見た資料によって多少のバラツキはあるものの、とにかくメタンを大量に生産できるということです)。
 これは、1999年度国内の天然ガス消費量の約100年分に相当し、非常に有望視されている資源である。
 
 しかし、現在の技術では生産コストが非常に高く、採算ラインに乗らないのでまだまだ実用化には程遠い。
 環境的にも非常にリスクが高い。
 海底温度が上昇すると、海底に眠るメタンハイドレードが一挙に噴出し、海中の酸素と結びつき、海が酸欠状態になる恐れがある。
 また、大量に大気中に噴出した場合、地球温暖化に深刻な影響を与えてしまう可能性も否定できず、取り扱いにかなりの危険を孕んでいる。
 どうやら竹島や東シナ海付近にも眠っている可能性があるらしく、中韓両国もその辺を当然意識しており、領土問題についてはそういう側面からも考える必要があるようだ。
 人の手に余るものなので手を出さない方がいいんじゃないかなと僕は思うが、中国が調査と生産を進めるのは当然なので、日本としても研究を進めざるを得ない。

 エネルギー問題を解決させうる力を持つ一方で、いろいろな意味において厄介な物質です。
 どうなるんでしょうね。

参考 EICネット
    Wikipedia メタンハイドレード
[PR]
by luchino001 | 2006-03-06 13:25 | テレビ・時事・ニュース

危険。

 今から書くことは、証拠もないので読み流す程度でお願いします。

 とあるブログで知ったのだが、何やら東シナ海で海上自衛隊と中国海軍の間でトラブルがあった模様。
 詳しくは不明だが、銃撃されたとかされなかったとか。
 かなりヤバイ出来事のようで、まだマスコミは報道していません。
 これが公になる日は来るのか。

 もう一つ。
 『きっこのブログ』がエライ展開になっていた。
 沖縄で亡くなった野口英昭氏の家族の方からメールが届き、その往復書簡の中できっこさんがかなりディープなことを語っている。
 互いのメールが公開されているということは、少なくともメールの差出人は本物と考えていいのか。
 あれだけ書くと、何者かに暗殺されかねないんじゃないか。


 どちらも、
真実かどうかはまったく分からないので、鵜呑みにしないよう注意して下さい。
 じゃあ書くなよ・・・。
[PR]
by luchino001 | 2006-02-10 00:42 | テレビ・時事・ニュース

秋篠宮紀子様ご懐妊

 おめでたいニュースがありました。

 皇室典範改正の問題が起きているこの時期に、何というタイミングだろう。
 おそらくこの問題について御夫妻は心を痛めておられたことと思う。
 お二人の気持ちを想像すると、何だか申し訳ないような気がしてしまった。

 秋に御出産の予定ということだが、最も気にかかるのは、マスコミである。
 紀子様は厳しいストレスを与えられることになるかもしれない。
 男子が生まれなければならないというプレッシャーを作り出す動きはやはり出てくるだろう。
 実家の川嶋家や黒田夫妻への取材攻勢も慎むべきだと思うが、この国のマスコミに自重を期待するのは無理かな。
 雅子妃殿下への風当たりも気になるところ。

 やはり騒がず静かに見守るのが一番いい。
 お子様が無事に生まれることだけを願います。
[PR]
by luchino001 | 2006-02-08 02:44 | テレビ・時事・ニュース

耐震強度偽装事件に思う

耐震構造 書類不備でも審査 千葉の建築士 5年で90棟関与 (産経新聞)


「仮に法規に違反してビルを建てたならば、それは事務所でもマンションでも店舗でもなく、人殺しビルとしか呼ぶことができない」
 これは建築法規を学んでいたとき、講師から口を酸っぱくして何度も言われた言葉である。
 コストの締め付けや施主の無茶な要求を日頃から突きつけられ、法規の違反をごまかせるものならごまかしたいという誘惑は、建築関連の業界にいる限り絶えず付きまとうが、やってしまえば人殺しの仲間入りしたのと同じである。
 今回の事件で不正をした建築士の気持ちは分からないでもないが、絶対に許されない。
 と同時に、おそらくこんなことをやっている人は他にもいるはずだと思う。
 それくらい、施主・元請から要求されるコストのプレッシャーは厳しい。
 某住宅メーカーではあまりにコストの締め付けが厳しすぎるため(でも自分達の給料はしっかりと取っている)、最下請けの職人に十分な報酬が与えられず、生活が成り立たなくなって自殺に追い込まれてしまう、という例もあるほどだ。

 建設業界は真面目にやればやるほど儲からない仕組みになっている。
 金儲け目的で建築をすると、悪質リフォームや今回の事件のような違反建築ということが起きる。
 なぜならそうやるしか儲けることが出来ないから。
 誠実に仕事をしている会社なら、おいしい仕事なんて滅多にない、厳しい業界なのである。

 もしも納期と品質を維持して金を儲けようとすれば、その犠牲になるのはいつも下請けの職人さんである。
 安すぎると不満を口にすれば、たちまち現場から外されて他の職人と取り替えられてしまう。
 大手住宅メーカーはこれをやっていて、その職人の仕事に対する要求と値段のバランスがかけ離れており、非常に問題だと思う。
 余りにも利益率が高すぎる。

 だが逆に、設計事務所の現場でいいものを作ろうと施主・設計・施工管理・職人が一つになった時の雰囲気や、建物を作り上げたときの充実感は何物にも変えられない。
 そんな時は、自分は破壊・消費する側ではなく、生産する・与える側の人間なんだと実感できる。
 だから、夢がないとこの業界ではやっていけないし、夢を持てない人はこの業界に就いてはいけない。

 それともうひとつ。
 安すぎる建物の購入には気をつけましょう。
 というか、やめといた方がいいです。
 1坪あたり20万とかいう家は、何かウラがあると考えるべきです。
 普通なら60万くらいで、頑張っても、1坪当たり40万くらいが限度でしょう。地域や仕様にもよりますが。

 建築・りフォームのコストや悪質業者について、気が向いたらまた書こうと思います。
[PR]
by luchino001 | 2005-11-20 00:26 | テレビ・時事・ニュース

気になるニュース

<皇位継承>女系天皇前提に「長子優先」提案 有識者会議

 小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」は7日、首相官邸で第15回会合を開き、吉川弘之座長(元東京大学長)が、女性・女系天皇容認を前提に、皇位継承順位を「長子優先」とし、現行の「永世皇族制」を維持する方向を強く打ち出した「たたき台」を示した。同会議はこれを基に意見集約を図り、今月末に最終報告をまとめる。
 皇位継承順位をめぐっては、男女にかかわらず出生順に順位が決まる長子優先案と「兄弟姉妹の中で男子優先」案で議論が分かれていたが、たたき台は、早期の「帝王教育」がしやすい長子優先案に力点を置いた。これまでの同会議の議論で男子優先案は、現行制度には近い半面、女子が先に生まれても弟ができると継承順位が逆転するため安定性に欠けるとされ、この日の会合でも、長子優先案が大勢を占めた。
 一方、たたき台は皇族の範囲について、天皇との世数を限定しない永世皇族制が望ましいと提案。女性・女系天皇を認めるためには、女性皇族が結婚後も皇族にとどまるよう制度改正する必要があるとしている。
 吉川座長の提案に対し委員から大きな異論はなく、最終報告の骨格は固まったが、「国民が納得できる説明が必要」との立場から、意見集約は行わず、文案調整を続けることになった。
 有識者会議は同日で今月末の最終報告決定前の公式会議を終了。今後は、吉川座長が各委員から個別に意見を聴き、非公式会議を重ねて最終報告をまとめる。
  ◇   ◇
 「皇室典範に関する有識者会議」の吉川弘之座長は7日、寛仁親王殿下が同会議の「女性・女系天皇容認」方針にエッセーで疑問を投げかけたことについて、首相官邸で記者団に対し、「それによってどうということはない」と語り、最終報告の取りまとめに向けた議論に影響はないとの認識を示した。小泉純一郎首相も同日夜、記者団に「個人個人の発言は発言として、そういう点も踏まえて議論しているわけですから」と述べ、有識者会議の結論を尊重する考えを示した。 (毎日新聞)


 日曜の「たかじんのそこまで言って委員会」でも取り上げられていた、皇室の皇位継承についてのニュース。
 1500年以上男系で続いてきた伝統が、たった1年かそこらの有識者会議で変えられていいのか非常に疑問です。
 皇室典範改正に皇室の方が1人も関われないのに、専門家でもないロボット工学の教授が何で会議の座長になれるのだろう。
 こういう結論になる前提でメンバーが選ばれたという噂もあるらしいがそう思いたくもなる。
 国民や政治家の意見のみならず、皇室の意見すら聞く耳をもたない会議で決定するのは、どうしても納得できない。

 愛子様が皇位を継承されることに対しては何も異論ないが、問題はその後。
 仮に愛子様の子供が皇位継承すれば、男系ではなく女系となり、千年以上続いてきた伝統に終止符が打たれることになってしまう。
 遺伝子学的にも神武天皇のDNAは皇族から消え去る。
 将来、愛子様が旧皇族の男性と結婚して、事実上男系が護られるという方向がとりあえずいちばん良いのかなと思う。
 しかし、有識者会議では皇位継承が「男子優先」でなく「長子優先」が大勢を占めていて、それではどちらにしても男系の皇位継承が将来終わることになる。
 
 日本人のアイデンティティーに関わる伝統が消え去るのは目にしたくない。
 まったくの勉強不足なので、もしかしたら僕が勘違いしているのかもしれない。
 まあどっちにしろ、注意深くこの問題を見ていきます。
[PR]
by luchino001 | 2005-11-08 00:32 | テレビ・時事・ニュース

投票しました。

 期日前投票に行って参りました。
 自民党も民主党も問題が多いが、小泉純一郎のイメージ戦術のみによる一点突破の選挙手法は、はっきりいって国民をナメてます。
 自民党は郵政民営化しか言っていない。問題を知りつつそれでも僕は賛成派だが。
 道路公団や社会保険庁はどうするつもり?
 年金は?
 選挙期間中、小泉さんの口からそれらについて納得のいく説明が一切なかった。
 あの執念だけは大したものだとさすがに思うが、本当に郵政以外に興味がなさそうで不安を拭い去れない。

 民主党の公約もそりゃ無理だろっていうのがあるし、外交政策も戦略性を欠くように思える。
 岡田代表はプレゼン能力が皆無なので、本当は政治家より官僚に向いた人なのではないか。
 だが、力が不足気味でも改革を実行しようというやる気だけはありそうだ。
 でもそんな「やる気はありそう」とかいった不確定なことに期待するのはどうなのか?
 自分でももうわからん。
  
 首相の手の平で踊らされているマスコミに乗せられて一時の雰囲気で投票すれば、後で後悔することになりそうな予感を何となく感じ民主党に投票したが、周囲の人に強く推す気にはなかなかなれない。

 思わず悪い点ばかりあげつらってしまいましたが、どこに投票すればいいのか、難しい選挙です。
 でも自民党の圧勝は国民をナメている人にみんながまんまと騙されたように思えてしまうので、あまり見たくないかな。

 明日はたとえ雨が降っても投票だけは行きましょうね。
[PR]
by luchino001 | 2005-09-10 20:45 | テレビ・時事・ニュース

どこに入れようか?

 解散総選挙について、そこらじゅうで話題になっていますね。
 小泉首相はあらかじめ解散後の動きをどうすべきか考えていたと思われるが、亀井氏や綿貫氏らが解散後の構想なく青票を投じ、無責任にも他の議員にも投じさせたのが、信じられない。
 赤信号 みんなで止まれば 怖くない
 それだけだった。
 あまりに無策すぎて、族議員どうのこうの以前に政治家としての資質を疑ってしまう。

 今のところ、小泉自民党が優勢だが、民主党は本当に言葉が貧しい。
 小泉さんの強い言葉に他の声が見事に掻き消されてしまっている。
 短期決戦では、本当でも嘘でもデタラメでも何でも構わない、大衆を酔わせたもん勝ちになってくる。
 そういう意味では今のところ小泉陣営の戦術は上手くいっている。
 しかも次々と手を打ってくるから話題は自民党のことばかり。
 岡田代表は早急にPRの専門家をブレーンに加えた方がいいでしょう。
 既にいるとしたら、かなりセンスないです。
 岡田氏は潔癖で真面目だが、心に闇がない。
 狸の化かし合いというか、腹芸というか、その辺の勘が鈍そうな印象を受ける。
 反射神経がよく闇がとぐろを巻いている小泉氏と比べると、くぐってきた修羅場が違うというか、やはり見劣りしてしまうように感じる。
 とかいってると自民党を支持しているように思われるかもしれないが、実はどちらにすべきか迷ってます。
 民主党のマニフェストもどんなのか期待もしてるのだけど。
 ちなみに公明党はどう?と尋ねられたが、「公明党は学会組織票頼みの選挙手法を止めることと、候補者の半分以上が非学会員にならない限り、投票しない」と速攻で言いました。
 本来は組織票を責めるのではなく、投票に行かない人をまず責めるべきだとは思うが、僕の性格上、自分の意見や考えを放棄して組織に丸投げするという行為が嫌いなので、公明党はやはり選択肢として認められない。
 しかし学会員の人も、自分が何で必死に公明党を応援するのか、理由がよく分からなくなってきて、迷っている人もきっと増えているはずだ。
 僕の身近な人もそんな疑問を感じている。
 全体の何%かの学会員にとってその手の疑問を抱くことは、自分のアイデンティティーを揺さぶることに繋がりかねないので大変勇気が必要になってくるが、無理に答えを出さなくていいから、とりあえずそこへ目を向けてみて欲しいと思う。

 いかん、中途半端ですが、眠くなってきたので終わります。
 意味のないことをつらつらと書いてしまいましたが、投票日までに郵政や各党の政策を調べて、イメージではなく確固とした意思を持って投票したいと思います。
[PR]
by luchino001 | 2005-08-12 02:00 | テレビ・時事・ニュース

ロハス(LOHAS)

 ソトコト8月号でロハスが特集されていた。
 ロハス(LOHAS)とはLifestyles Of Health And Sutainabilityを略した言葉で、、「健康と持続可能性を重視する生活」を意味し、一般的な説明では、「地球環境保護と人間の健康を最優先し、持続可能な社会の在り方を志向するライフスタイル」とされている。

 ロハスを指向する人達はアメリカでは30%に達するのではないかという声もあり、経済・政治・社会のあり方などあらゆる価値観を変える可能性をもったものとして注目されている。
 その波が日本にもやってきたのだが、都会の独身OLあたりが真っ先に飛びつきそうなくらい前向きでおしゃれな考え方である。

 ヨガにサプリメントにハイブリッドカー、オーガニック野菜に自然食品、金よりも自分の時間と価値観に重きを置く、地域のコミュニティーや社会と積極的に関わりをもつ、なんてあまりにも健康的で正論で素晴らしすぎるとこが少々気になるものの、それでも考え方自体は共感できるところが多い。

 少なくともロハスの考え方は、正義や理想を振りかざして社会へ矛先を直接向ける類のものではなく、まず目的が個人的なところから出発するので、押し付けがましさはない。
 地球や環境、社会について考えないわけではないが、そんな大げさなもののためにやっているのではなく、自分自身の成長や楽しく充実した人生を送るためにロハス的な生き方を選ぶという感じだろうか。

 ロハスは日本人の価値観や文化、宗教とも相性が良さそうなので受け入れられるでしょう。
 そういえば賛否両論のクールビズもその視点から見れば、イケてるってことになる。
 クールビズ、僕は支持してるが普及してるんだろうか?
 でも、ジャンクフードや不摂生にどうしようもなく引きつけられる自分にとって、ロハスはあまりに健全で、そしてあまりに眩しくて直視できません。
 くずし懐石ならぬくずしロハスぐらいでやっていくくらいが、丁度自分の身の丈に合ってるでしょうね。

参考 ロハスの窓口
    ◇◆Essayという試み◆◇
[PR]
by luchino001 | 2005-07-31 21:07 | テレビ・時事・ニュース