だらだらと書いてます。


by luchino001
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 遂にオリンピックが終わってしまった。
 日本のメダルは1個でも自分的にはかなり楽しめた五輪でした。
 最も記憶に残った選手はハーフパイプのショーン・ホワイトと男子フィギュアのプルシェンコ。
 二人とも別次元の世界にいた。
 ショーン・ホワイトは1世紀に1人の天才とか言われているらしいが、そんな選手がいたにもかかわらず、日本がメダル独占か!?なんて煽っていた日本のマスコミは取材不足もいいとこだ。大本営発表みたいなお粗末さでした。
 きっと他国の選手に興味ないんでしょうね。
 まあそれに踊らされて期待した自分もちょっと恥ずかしかったりするわけですが。


 またもやカーリングのことを書きますが、男子の決勝も凄かった!
 女子にはないストーンのスピードと迫力がたまらない。
 ストーン同士がぶつかると、何かが炸裂したかのように激しく動いて弾き出されていく。
 本当に面白いスポーツです。
 ブームが去っても僕は密かにこのスポーツを注目し続けることでしょう。


 テレビでは誰もが予想していた通り、荒川フィーバーです。
 金メダルをとったことについて、呆れるほどに後付けの理由を並べ立てて褒めちぎっている。
 母の愛、村主へのライバル心、かつての栄光、挫折と苦悩、など。
 酷くかつ無駄に感傷的な民放の手法に僕は耐えられない。
 荒川選手の技術点がトップだったことには触れても、何の技術が、どう凄いのかについて説明していたのは、僕が観た番組の中ではNHKだけだ。
 何度も同じことを書いてるけど、書かずにおれません。

 テレビではタラソワ前コーチを暗に無能な指導者ということにしたい意図を感じるが、荒川選手が前シーズン不調だったのは新しいスケート靴がうまくなじまなかったことに大きな原因があって、コーチが無能だったからとは必ずしもいえない。
 でもそんな面白くない理由を荒川バブル絶頂のテレビが取り上げるはずもなく、ただ単に不調だったということで片付けている。
 彼女がタラソワにコーチを依頼したのは、どうせフィギュアを続けるのならより高いスケート技術で演技をしたいからだ、というようなことを去年の情熱大陸で本人が言っていた。
 今回の五輪で高い技術点を獲得できたのはモロゾフコーチだけの手腕だけでなく、意見の食い違いはあったもののタラソワ前コーチの功績も少なからずあったのだと思う。
 そういえば、荒川選手のSPを終えたときにタラソワらしい人が一瞬映ったように見えたのだが、僕の見間違いだろうか?


 全体的に成績が良くなかった日本ですが、バンクーバーまでに冬季のナショナルトレセンができるので次回はもう少し選手強化に力が注がれるでしょう。
 ただしスケート競技限定らしいですが。
 しかしそろそろ日本も企業スポーツに依存する形式ではなく、ヨーロッパのようなクラブスポーツ形式に変えていったほうがいいでしょうね。
 学生を終えたらメジャースポーツのトップ選手以外は引退するしか道が残されない、というのは、選手層ということを考えても社会のあり方として考えてももあまりいいことといえないですから。
[PR]
by luchino001 | 2006-02-28 01:46 | スポーツ
 荒川静香選手、期待していた通りの美しい演技でした。
 さっきNHKで恩田美栄選手が荒川選手のスケーティングがどれだけ凄いのかを解説していた。
 やはり柔軟さとイナバウアーだけではない。
 ショートとフリーを合わせても10分に満たない本番のために、膨大な時間をかけて技術を練り上げ、それこそあらゆるものを犠牲にして努力してきたのだと思うけれど、そんな泥臭さを微塵も感じさせず、ただただ演技が美しかったということに感動する。

 テレビは相変わらず家族愛というあらかじめ結論の決まった物語を持ち込もうとする。
 家族が支えていたのは他の国の選手も同じで、荒川選手だけが決して特別だったわけではない。
 といってみても、まあ無駄ですね。

 カーリング決勝のスウェーデン対スイスは決勝にふさわしい、屈指の名勝負だった。
 僕が観られたのは終盤だけだが、両チームのスキップは最高性能のCPUを搭載してるんじゃないかと錯覚しそうなくらいの選手だった。
 このスポーツは割と運が作用するスポーツだと思うが、この2カ国のスキップはもしかしたら氷上では自分の運さえもコントロールできるのかもしれないとさえ思えた。
 ミラクルショットの応酬で勝負の行方がめまぐるしく変わり、最後はスウェーデンのスキップによるダブルテイクアウトで勝敗が決したわけだが、鳥肌が立ちましたね。
 日本とトップにはそれほど差はないと思ってたけど、大きな勘違いでした。
 こりゃ明らかにレベルが違う・・・。
 

 カーリングも女子フィギュアも終わり、あと楽しみなのはアルペン回転で佐々木明の玉砕覚悟のアタックだけとなった。
 そろそろ睡眠不足から立ち直らねば・・・・・。
[PR]
by luchino001 | 2006-02-24 21:42 | スポーツ

コラムが削除

 今夜はカーリング3位決定戦とフィギュアのフリーに注目です。
 ノルウェー対カナダのハイレベルな攻防と荒川選手の美しい演技を堪能させてもらいます。


 昨日のブログで取り上げた、カーリングについて書かれたコラムが削除されていた。
 まるで何もなかったかのようだ。

 そのコラムは消さなきゃいけないほどのマズイ内容ではなかったけど、スポーツライターと称しているのにカーリングの魅力すら理解できていないので、少し気の毒に思った。
 毒舌を吐くことに頑張りすぎてスポーツの魅力を伝えるというライターとしての本分を見落としていたのなら本末転倒もいいとこだ・・・。
 かなり抗議が殺到していたようだが、都合が悪くなったので発信した情報をこっそり消してしまうなんてやり方は、素人の書いたブログじゃあるまいしプロとしてどうかと思う。
 武田氏、フジテレビのどちらが消したにせよ、これはちょっと問題です。

関連 Dreamint Road
    なりぽん厭離庵

追記
 今、カーリング準決勝のスイス対カナダ(録画)を観ていますが、それにしてもスイスは強すぎる。
[PR]
by luchino001 | 2006-02-23 22:55 | スポーツ

カーリング その後

 ネットであちこち行ってみると、やはりカーリングの認知度は一気に上がったようだ。
 フジテレビのHPで武田薫とかいうスポーツライターがカーリングを否定したコラムの記事があったのだが、間違いなくフジテレビは知らないふりしてチーム青森にジャンクスポーツの出演オファーをすることでしょう。 

 一躍人気者になった彼女達だが、これから色々と大変そうだ。
 こんなニュースもあった。
 
 「カーリング娘」映画デビュー

 カー娘。だとか銀幕デビューだとか、いい加減にしろ・・・・・。
 早くも守銭奴が群がり始めている。
 電通あたりからも既にマークされていることでしょう。
 カーリングを普及させるため、なんて言われたら断りきれないだろうな。


 NHKのカーリング中継は実に良かった。
 解説担当の小林さんの説明も実に分かりやすく冷静で、金メダル級だと個人的に思っている。
 単なる応援団となってしまっていた他の競技の解説者とは実に対照的である。
 彼の解説によってカーリングの奥深さを理解できた人はきっと僕だけではないはず。
 マイナーなスポーツゆえに選手に妙なキャッチフレーズが与えられたりせず、芸能人やうるさいだけの元テニスプレーヤーもいない、競技そのものに集中して観戦できるNHKのスポーツ中継はやはり良くできている。
 というか、民放各社が酷すぎる。
 選手の母の愛がどうだとか、亡くなった父に捧げるとか、そういう悪趣味な物語性を競技に持ち込むのは、いい加減止めてくれないものか。

 カーリングの話に戻るが、早くも来月に日本選手権、来年に世界選手権が開催されます。
 小野寺選手と林選手は一時現役を離れるということなのでチーム青森が出場するかは微妙だが、是非、NHKに放送してもらいたいものです。


※ カーリング日本選手権にチーム青森は出場するらしいです。このメンバーではおそらく最後の大会  になるでしょう。
[PR]
by luchino001 | 2006-02-22 23:48 | スポーツ

カーリングに夢中 (2)

 注目のスイス戦は負けてしまった・・・。
 しかし、同じ予選落ちでもスノーボードハーフパイプの何人かの選手とは違い、清々しさを感じられるものだった。
 敗者ではあるが、実に美しい。
 顔を見ると、このオリンピックでどれほど濃密で充実した時を過ごしているのか、ひと目で分かった。
 やはり負け方というのは大事だ。
 まあメダルを取って欲しいのが本音ではあるけれども、断じて勝つことだけが全てではない。

 よく競技を終えた選手が口にする「負けましたけど、楽しめました」みたいなセリフは、いつも嘘臭く思えてしまうのだが、彼女達がそれを口にしてもまったく違和感は感じない。
 やはり競技を楽しむには、自分の持っている力を出し切ったときにはじめて本当の意味で楽しめるわけで、楽しむことは時に勝利よりも難しいことがあると僕は思う。
 そこのところでは、カーリング女子代表は見事にやってのけたと言えるでしょう。

 しかし、不思議なチームだった。
 試合中に話しているトーンが実にフツーで、和気藹々といった雰囲気があるのに、いざストーンを手に取ると途端に凛々しくなる、そのギャップに好感を持てる。
 対戦相手国の選手は老若男女(男はいないですね)問わずマッチョな雰囲気を醸し出していたのに比べ、日本選手達はどこか柔らかい雰囲気があり、そこにも日本中の共感を引きつけた理由があったような気がするのである。
 そういえば、モーグルの上村選手やスピードスケートの岡崎選手など、日本のトップアスリートはそんな雰囲気を纏っている選手が割と多い。
 これって国民性だろうか?

 次回のオリンピックも楽しみだが、どうせなら世界選手権もNHKあたりで放映してくれないですかね?

関連 カーリング日本人出場選手
    カーリング女子インタビュー(スポナビ)
    つらつら日暮し
    thanksgiving Day

オマケ
http://www.youtube.com/results?search=Japan+curling++&search_type=search_videos  萌えたい方はコチラへ

オマケ その2
Curling magazine   女子カーリング日本代表のフラッシュ  なかなかの力作です。
[PR]
by luchino001 | 2006-02-22 03:17 | スポーツ

カーリングに夢中

 五輪が始まると、ああーそんなのあったよねと思い出す程度の印象しかないのだけど、テレビで偶然やっていたので何となく観てみたら、意外に奥が深く、つい夢中になって観てしまう。
 カーリングはそんな競技なわけだが、完全に虜になってしまいました。
 今回のオリンピックで個人的に最も感動できたスポーツとなった。

 今回の日本代表「チーム青森」は出場国の中でもかなり若いチームでありながら、なかなか強い。
 スキップ小野寺選手とサード林選手は、最近公開された映画『シムソンズ』のモデルとなったチームの元メンバーである。
 ビジュアルも良いので、現地のイタリア人ファンが急増中らしい。
 中でもセカンド本橋麻里選手が1番人気だとか。
 NHKのアナウンサーまでマリリンって言うのは何だかなぁ。
 僕的にはサードの林弓枝選手がイチ押しなんですが。
 あれ、変なこと書いてますね。

 そんなことはさておき、試合を重ねるごとに強くなっていっていることに驚かされる。
 初めはどこか自信なさそうだった4人がどんどん逞しくなっていっているのだ。
 イタリア戦での小野寺選手のラストショットは神がかっていた。
 手が震えそうなくらいのプレッシャーと戦いながら自分の限界まで実力を搾り出して勝負できるのは凄いし、相当充実している状態だということなので、ちょっと羨ましくもある。
 
 本日早朝の試合は強敵スイスとの大一番。
 負ければそこで終了となってしまう崖っぷちの勝負。
 なぜか全く関係ない僕が既に緊張してしまっている。

 彼女達の試合は勝っても負けても泣けてくる。
 まだまだ彼女達の活躍が観たい。
 応援してます。
[PR]
by luchino001 | 2006-02-21 03:11 | スポーツ

女子モーグル。

 連日、深夜までトリノ五輪を観戦しているのでかなり寝不足です。
 スピードスケートを観ていたが、加藤選手はレース前のアクシデントで平常心を失ってしまったのかな・・・?

 当ブログでもリンクさせて頂いている上村愛子選手が出場した女子モーグルは熱かった。
 あの3Dの美しさは間違いなく世界最高だと思う。
 飛んだ瞬間は世界が停止してしまったようで、彼女の周りだけ時間が別のところで流れている気さえした。
 結果とは関係なく、ソルトレークより二周りほど成長した姿を見せてもらいました。
 これからも楽しみです。

 今回は未完成で公開されなかったもう一つの切り札『セブンツー(ヘリコプター2回転)』は来年のワールドカップで期待しましょう。
[PR]
by luchino001 | 2006-02-14 02:32 | スポーツ

難しい問題

 気がつくことは難しい。

 場の空気が読めない人、自分がこんなに不幸なのは周囲の人間や環境が原因だと常に考えてしまう人、善意の押し付けや余計なおせっかいを優しさだと勘違いしている人、求めるだけで与えることを知らない人、他人の意見が自分と一致していないことが許せない人。

 僕は今まで生きてきて、このような人達と何度か知り合ったことがある。
 彼等の考え方は常に一方的で、「もしかしたら、私は間違っているかもしれない」という考えがまったく欠落している。
 他人を察することを知らないことと、自分に自信を持つことは全く別物だが、その辺からして既に勘違いしていたりもする。

 彼等の流儀に付き合っているうちは、互いの関係に波風は立たないのだが、彼等はなぜかこちらの人生に侵食しようとする者が多い。
 しかも大切な場所を土足で踏み込むように乱暴な作法でだ。
 このため嫌いとまでいかなくても、付き合うのはなかなかの忍耐が必要だし、何より面倒臭いため、当然、その周囲には人があまり集まらない。
 その状況に気がつくと、彼等は周囲の人間が冷たいと思い込んでしまい、こうして不幸な負の連鎖が続いていくことになる。

 そういう、まさに『自分の中で世界が完結してしまった人達』が、そんな自分に気づくということは、とてつもない飛躍なのではないかと、最近よく思う。
 それはきっと魂そのものが入れ替わってしまうくらいの出来事で、その前と後とでは世界はまったく違うものに見えるのだろう。

 ただ、想像できるのはそこまでで、彼等がどうしたら気がつくのかについては全く分からない。
 分かってしまった人を見たこともないし。
 もしも気づかせる方法を誰かが発明したなら、世界じゅうで起こる問題の何割かは確実に解決されるはず。
 なんてエラそうに書いてる僕も、実は気づかにゃならんことが死ぬほどある、何にも分かっていない若造だったりするわけで。
 誰か知っていたら教えてくれませんかね?
[PR]
by luchino001 | 2006-02-10 23:21 | 思ったこと

危険。

 今から書くことは、証拠もないので読み流す程度でお願いします。

 とあるブログで知ったのだが、何やら東シナ海で海上自衛隊と中国海軍の間でトラブルがあった模様。
 詳しくは不明だが、銃撃されたとかされなかったとか。
 かなりヤバイ出来事のようで、まだマスコミは報道していません。
 これが公になる日は来るのか。

 もう一つ。
 『きっこのブログ』がエライ展開になっていた。
 沖縄で亡くなった野口英昭氏の家族の方からメールが届き、その往復書簡の中できっこさんがかなりディープなことを語っている。
 互いのメールが公開されているということは、少なくともメールの差出人は本物と考えていいのか。
 あれだけ書くと、何者かに暗殺されかねないんじゃないか。


 どちらも、
真実かどうかはまったく分からないので、鵜呑みにしないよう注意して下さい。
 じゃあ書くなよ・・・。
[PR]
by luchino001 | 2006-02-10 00:42 | テレビ・時事・ニュース

秋篠宮紀子様ご懐妊

 おめでたいニュースがありました。

 皇室典範改正の問題が起きているこの時期に、何というタイミングだろう。
 おそらくこの問題について御夫妻は心を痛めておられたことと思う。
 お二人の気持ちを想像すると、何だか申し訳ないような気がしてしまった。

 秋に御出産の予定ということだが、最も気にかかるのは、マスコミである。
 紀子様は厳しいストレスを与えられることになるかもしれない。
 男子が生まれなければならないというプレッシャーを作り出す動きはやはり出てくるだろう。
 実家の川嶋家や黒田夫妻への取材攻勢も慎むべきだと思うが、この国のマスコミに自重を期待するのは無理かな。
 雅子妃殿下への風当たりも気になるところ。

 やはり騒がず静かに見守るのが一番いい。
 お子様が無事に生まれることだけを願います。
[PR]
by luchino001 | 2006-02-08 02:44 | テレビ・時事・ニュース