だらだらと書いてます。


by luchino001
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏風邪と読書

 生まれて初めてこの暑い季節に風邪を引いてしまった。
 できれば夏風邪に罹るのはこれを最後にしたい。
 先週の木曜から土曜まで、繰り返す下痢と嘔吐に苦しめられて、延べ何時間トイレに縛り付けられたことか。
 昨日、鏡を見てみると頬がこけていた。
 何となくお腹も引っ込んでいるような・・・。
 体重を量ってみるとやはり4kg痩せていた。
 ちょっと嬉しい。
 まあすぐリバウンドするのだろうけど・・・。

 休んでいる間、暇だったので久々に集中して仕事や勉強と関係のない本を読んだ。
 奥山清行『フェラーリと鉄瓶』と佐藤優『獄中記』の2冊。
 3日かけて約700ページを読んで、全部理解したかどうかは別として読み切ったことに軽い達成感を感じた。
 獄中記は神学者や哲学者の名前や専門用語が飛び交い、3分の1は理解不能だったが分からんなりに面白い。
 キリスト教もやはり奥が深い。
 大学時代、文学ばかりに偏って哲学を殆ど読んでこなかったのはやはり失敗だったかなと少し後悔した。
 他にも政治、外務省、ロシア、日本の将来、国策捜査、ユダヤ、鈴木宗男、友人や恩師、仲間のこと、拘置所の様子など幅広く書かれていた。
 しかし、本当は書きたいんだけれども国家の機密に関わることなので書けない、といったようなもどかしさも作品中に感じられないではなかった。
 とにかく佐藤優氏の博覧強記ぶりには驚愕。
 知識・知性に対する貪欲さはほんの少しでいいから見習いたいもの。
 鈴木宗男の印象は変わったなぁ。

 読書漬けな1日もたまにはいい。
 かなり腰が痛いけど。
獄中記
佐藤 優 / / 岩波書店
[PR]
by luchino001 | 2007-06-25 22:47 | 出来事

奪われる日本

 You Tubeで興味深い映像を見つけた。
『拒否できない日本』導入部分
『拒否できない日本』1
『拒否できない日本』2

 『奪われる日本』の著者関岡英之氏の対談。
 この本はやや陰謀論に傾いていると認識した上で読んだ方が良いが、それを差し引いても価値ある一冊である。
 中国や朝鮮半島、それから国内の親中国、親韓国の人間に対する批判を繰り返すだけの連中や靖国礼賛だけで国士を気取っている連中はアホだなと思う。
 中国批判も良いが、保守を名乗る人間が目を向けるべきもっと大きくて深刻な問題は別のところにある。
 知らない間に現状は恐ろしいことになっているのかもしれない。

 本当の危機・売国奴は誰なのか。
 構造改革とはアメリカの年次改革要望書に沿った、日本ではなくアメリカの、それもピラミッドの頂上に位置する一握りの人間のための改革のことだと一度疑ってみる必要があるんじゃないだろうか。
 この問題に関してマスコミの黙殺が徹底していて、かえってより不気味だ。
 仮に自分の力不足によって奪われることは渋々と受け入れるとしても、何も気づかずに騙されることだけは絶対に我慢がならない。

奪われる日本
関岡 英之





アメリカの日本改造計画―マスコミが書けない「日米論」
[PR]
by luchino001 | 2007-06-20 00:43 | 音楽・本・映画
ニュー・ムーン
エリオット・スミス




 エリオット・スミスの未発表作品集『New Moon』が15日に発売された。
 彼が自殺してもうすぐ4年になる。
 マット・デイモン、ベン・アフレックのコンビの映画『グッド・ウィル・ハンティング』で、当時インディーズのフォークロック歌手だった彼に監督のガス・ヴァン・サントから思わぬ熱烈なラブコールを受け楽曲提供し、その結果アカデミー賞のノミネートまで受けてしまった。
 そこから一挙に、音楽性への高い評価と人気を得ることになったのだが。
 それは果たして彼にとって本当に良かったことなのだろうか。
 世間に知られることなく、場末のバーの片隅でギターを弾きながらボソボソと歌っていた方が彼には合っていたのかもしれないと思うと少し複雑な気分になる。
 ガラス細工のように繊細で美しいメロディと囁くような歌声を新たに聴けるのもこれが最後だが、彼の音楽を僕は飽きもせずに一生聴き続けることになるのだろう。
 
[PR]
by luchino001 | 2007-06-18 03:39 | 音楽・本・映画

天空の城 ラピュタ

 昨日、テレビで『天空の城 ラピュタ』を観た。
 5年ぶりに観たけれども、何度観ても面白い。
 日本のアニメは世界を席巻しているらしい。
 現代のアニメは絵は綺麗だし、愛も友情も戦いも闇もある。
 当然面白いし、僕も好きだったりするのだが、宮崎駿を超える人材はおそらくまだ出てきていない。
 宮崎アニメとその他の日本のアニメとの違いは何だろうと考えてみると、それは『希望』があるか、そうでないか、ではないか。
 今の日本のアニメに全くないとまでは言わないが、宮崎駿と比べるとそこに向けられる視線はやはり弱いように思えるのだ。
 愛や友情や戦いや闇はしっかりとあるのだけど・・・。
[PR]
by luchino001 | 2007-06-17 03:21 | 音楽・本・映画