だらだらと書いてます。


by luchino001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

朝生のアンケート

期末集中で仕事が恐ろしく忙しいにもかかわらず、昨日の晩は朝まで生テレビを観てしまった。
テーマは「激論!ド~なる?! 小沢民主党」というものだったが、前回に紹介したコラム執筆者の郷原氏が自民党と公明党の議員を面白いくらい論破しているのを観て大笑いしてしまった。
昨夜あの番組を観た人の多くは、大久保秘書逮捕と、検察リークとマスコミの偏向報道による絨毯爆撃のような小沢批判に対して大いに疑問を感じたに違いない。

終盤のアンケートでは、「小沢続投に賛成、反対?」という問いに、賛成64%、反対32%という、新聞で報道されてきた世論調査とはまったく逆の結果が出ていた。
事件の内容をはじめて知った人なら、今までの新聞やテレビの報道はあまりにもおかしいと疑ってしまうのが普通だろう。
事件の全体像が見えさえすればこういう結果になるのは当然のことだ。
きちんとした事実を伝えず、事件の一面のみを世間に伝え、それを執拗に繰り返す。
そんな状況で世論調査といって結果を見せられても、果たしてそんなものが『世論』と呼べるほどのものなのだろうか。
[PR]
by luchino001 | 2009-03-28 22:37 | テレビ・時事・ニュース

報道不信

最近、日経ビジネスのサイトに足を運ぶようになった。
政治や経済の方向性には異論があるけれども、質の高い情報が多く、なかなか面白い。

最近読んだものの中では、元検事の郷原 信郎氏による  「ガダルカナル」化する特捜捜査 「大本営発表」に惑わされてはならない  という記事は良かった。
熱狂的に繰り返されるマスコミの小沢批判や佐藤優氏らのいう青年将校の何とか~とはまったく趣が異なり、元検事という立場を生かした冷静な視点で書かれたもので大変参考になった。
自らの古巣に対してここまで書ける誠実さと勇気は敬服に値する。
これを読むと、起訴するしないは別として、マスコミによる一連の報道が、あまりに一方的に過ぎることがよく分かる。
アメリカや政府、官僚の言いなり若しくは共犯なのか、それとも事件の全体が見えなくてまともな取材もできないほどアホなのか。
朝ズバとかお昼のワイドショーとか無知なコメンテーターが無責任に発言しまくる報道もどき番組ばかり見ていたら、小沢氏はもはや罪人扱いだ。
世論調査で「小沢氏は説明責任を果たしていない」「代表を辞任するべき」と答えた人のうちで、この一件についてまともに内容を知っている人は一体どれほどいたというのか。
特捜はおそらくどんな手を使ってでも大久保秘書を起訴しようとしているのだろうが、もしも万が一失敗すれば、歴史に残る失態を犯したことになる。
大本営発表を嬉々として報道してきたマスコミは極めて問題で、国策捜査ならぬ国策報道かと疑ってしまいたくもなる。

この事件は、当初から展開といいタイミングといい不自然で、官房副長官の漆間巌氏の経歴もかなり怪しく、それらのことを踏まえて考えてみると、小沢代表のヒラリー・クリントン国務長官への発言や第7艦隊発言、それから郵政民営化の根本的な見直しをする意向を小沢氏が抱いていることを受けて、それに怒ったアメリカの指令によるものだ、という風聞が、まんざら嘘ともいえないのではないかと思ってしまうのだ。

以下、記事を貼り付けて起きます。

More
[PR]
by luchino001 | 2009-03-17 22:16 | テレビ・時事・ニュース