だらだらと書いてます。


by luchino001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:スポーツ ( 37 ) タグの人気記事

 あのオランダに正面から向かって撃破したロシアを相手に、スペインがここまで差を見せ付けて勝つとは予想できなかった。
 高精度パスと小気味良いドリブルによってロシアは完全に翻弄され、最後には心まで折られてしまった。
 オランダ戦と比べてプレッシングの圧力が弱かったのは、グループリーグでスペインの高い技術と豊富な運動量によってプレスを無効化され、守備網がズタズタに引き裂かれてしまった経験から、スペイン-イタリア戦のようなこう着状態を作り出し、アルシャビンらのスピードと個人技を生かしたカウンターを狙ったためだろうが、90分持ちこたえることはできなかった。
 押しても引いても駄目だったのだから、今のスペインは相当強い。
 個人技を生かしつつも頭の中では皆が同じ絵描けていて、面白いほど流麗にパスが繋がる。
 たぶん日本サッカーの理想形なのだけれども、実現するにはあと100年くらいかかりそうな気がした。
 それほど絶望的な差があるが、その現実に目を背けてアジアでトップクラスとはいえないバーレーンとホームで戦ってもギリギリの試合しかできない日本がまるで世界と紙一重であるかのように報道する日本のテレビは酷い。
 組み合わせには恵まれたが、それでもワールドカップに出られるかどうかも微妙なとこなのに・・・。

 そんな嫌な話は止めておいて、シャビ、イニエスタ、シルバ、セナ、セスクの中盤が観られるのもあと1試合。
 相手はパワーだけでなく、らしくない高い技術と不屈のゲルマン魂を伏せ持つドイツである。
 予想(というか単なる希望)は2-1でスペイン。
 心ゆくまで楽しみたい。

 
[PR]
by luchino001 | 2008-06-27 22:16 | スポーツ
 スイスとオーストリアで行われているEURO2008が熱い!
 目立っているのはオランダとスペイン。
 攻撃一辺倒が持ち味のはずのオランダが、攻撃と守備のバランスが取れた強国のサッカーを体現して驚いている。
 フランス相手に1点リードしている状態で、守りに入ることなく更なる攻撃のカードを2枚同時に切ったファンバステン監督の采配はさすがオランダ人で鳥肌が立った。
 スペインは運動量と決定力を持つ2トップと充実した中盤の厚みある攻撃が威力十分で、こちらも魅力的なサッカーで観ていて非常に面白い。
 これから先のトーナメントが楽しみになってきた。

 あまり認めたくないが、今大会を観ていて世界のサッカーは日本以上に進化し続けていると思った。
 あの二国のトラップとトップスピードでのプレーの精度は凄いが、それ以上に3人目、4人目の動きの質の高さに驚かされる。
 足元が上手く、速いだけではなくなり、日本より足元が上手く、そして日本以上に多く、速く、的確に走るようになってきているのがトップレベルの国だと感じた。

 一方で昨日3次予選のタイ戦をみたが、日本代表はオシム時代と比べて相当後退していると言わざるを得ない。
 守備に関してはかなり良くなってきたが、攻撃、それも決定力を云々する以前のビルドアップの段階で深刻な問題を抱えている。
 岡田監督と大木コーチのいわゆる接近・連続・展開というコンセプトはうまくいっていない。
 元々無理のある考え方なのだ。
 まず大きなサイドチェンジの多様で相手チームの守備網を広げ、その間をショートパスの交換で侵入していく前任者のやり方の方が遥かに合理的でより最先端に近い。
 オシム時代のサッカーのイメージで縦横無尽に走り回っている中村俊輔が最も大きな存在感を見せつけているのが何とも皮肉だ。
 その反面、松井と大久保の運動量の少なさがあまりに目立つ。
 一瞬輝くときもあるものの、あの怠慢プレー内容では、レベルの高い相手との試合だと攻守両面でチームの大きなリスクになる。
 クリスティアーノ・ロナウドよりも遅くて下手なのに彼の半分くらい(ちょっと言いすぎ!?)の運動量しかないのは問題としか言いようがない。

 今のところ、岡田ジャパンはチーム戦術ではなく、中村俊輔と遠藤、そして日本サッカー史上最高のセンターバックの二人の『個の力』によって何とか成り立っているが、ワールドカップ本戦に出られたとしてもこのままではまたしても不毛な結果になってしまうだろう。 
[PR]
by luchino001 | 2008-06-16 00:57 | スポーツ

アジアカップ敗退

 何とも消化不良の試合だった。
 日本代表はとりあえずボールを回せるところまでは出来上がってきたが、その先のステージへ進むのは容易なことではないと感じた。
 おそらくオシム監督が目指しているのは、EURO2000の頃の極めて魅力的だったポルトガル代表のようなチームなのだろうが、まだまだ個の力が、足りないという以前に出せてもいない。
 現時点ではベトナムやUAEには通用しても、オーストラリアやサウジアラビアなどの強豪国と戦うにはまだまだ課題が多い。
 ゴール前での中途半端な横パスの連続は、思わず『日本病』と名づけてしまいそうになる。
 バイタルエリア近くになると、パスがいつの間にやら攻撃の意志を失って責任回避の手段に変わってしまう。
 勝負どころでのシュートやドリブルの判断が極めて少なく、ボールを失うことを恐れすぎ、かえって相手に逆襲の機会を与えることもしばしば。
 ギリギリの状況で責任を背負ってチャレンジするメンタリティが弱いのは全世代にわたる日本選手の課題だが、これを克服するには育成方法から根本的に変えないと改善するのは困難に違いない。
 これは向こう10年以上の年月をかけて取り組まなければならない課題だと思う。

 試合内容とは関係ないが、選手の層の薄さも気になる。
 今回の大会では効果的な選手交代を観ることはできなかった。
 全体的にも目立っていたのはドイツワールドカップ組ばかりで、若手でイキのいい選手が出てこなかったのは正直期待外れだった。
 水野には期待していたが、どうやらオシムの信頼を得ることはできなかったようだ。
 今後U-20、U-22の選手との大幅な入れ替えが必要だろう。


 優勝は逃したけれども、収穫も課題も沢山見つかり、日本代表にとっては意義のある大会になったと思う。
 3位決定戦は若手主体で事実上テストマッチとなるらしいが、今後の可能性を探る意味でもそうするべきだろう。
 新たな芽が出てきてくれることを期待したい。
[PR]
by luchino001 | 2007-07-26 01:01 | サッカー

明日はオーストラリア戦

 アジアカップでのグループリーグを観て感じたことは、予想以上にオシム監督の言う『日本サッカーの日本化』が進んでいることだった。
 もちろん今までは格下が相手だったことや選手経験不足ということもあり、足りないところは多々あるが、現代表が目指しているサッカーがどんなものなのかはサッカーに詳しくない人でもグループリーグを観て何となく分かったのではないだろうか。

 準々決勝の相手は、去年日本全体に強烈なショックを与えた、あのオーストラリア代表である。
 グループリーグでは想像以上にもたついた感があるが、強豪国のセオリー通り決勝トーナメントに照準を絞ってコンディションを整えるつもりだったに違いなく、タイ戦を観る限りコンディションは間違いなく上向きである。
 おそらく日本戦では最高のコンディションで挑んでくるだろうし、そうでないと困る。
 『強い』オーストラリアに勝ってこそ、意味があるのだから。
 
 今の日本代表は何だかんだ言っても、高原、中村俊輔、遠藤、中沢、川口らのドイツワールドカップ組なしでは成り立たないチームであるが、チームの結束力、雰囲気、戦術理解度は去年とは比べ物にならない。
 期待はできる。
 勝つにしろ負けるにしろ、熱い試合になるだろうだが、将来のことを考えても願わくばオーストラリアに勝って欲しい。
 そして去年の苦い試合を忘れるためにも。
[PR]
by luchino001 | 2007-07-21 01:41 | サッカー
 ソフトバンクとの試合は手に汗握る好試合だった。
 地響きのような札幌ドームの応援は凄い。
 前回の25年前の優勝は一切記憶にないが、2006年の日本ハムは間違いなく記憶に残るチームだと言える。
 優勝おめでとうございます。

 負けはしたが、ソフトバンクの斉藤和巳投手は物凄い投手だ。
 たぶん松坂を凌いで現時点で日本最高の投手だと個人的に思う。
 あの試合に全てを掛けていた彼の気迫には魂が震えた。
 試合が決まった後、歓喜に沸く日本ハムの選手達とマウンドにうずくまる彼のコントラストが何と印象的なことか。
 残酷だが、勝者が輝くには、やはり強くて美しい敗者が必要なんだ。
[PR]
by luchino001 | 2006-10-13 01:20 | スポーツ

悶々と・・・

 テンションの低い日が続いてなかなかブログを更新する気になれない。
 季節の変わり目で体調が悪いせいだろうか。
 マメに足を運んでくださる方がおられたら申し訳ありません。

 まとめていくつか感じたことを書きます。

・サッカー 日本対ガーナ戦
 負けたが何度か連動性のある攻撃があり、いくらかマシにはなった。
 しかし、絶望的な気分にさせられるほどのレベルの差も同時に感じた。
 単に身体能力だけではなく基本的なボールを扱う技術すらもガーナに敵わなかった。
 トラップからパス、ドリブル、シュートに移行する動きがスムーズに行われておらず、見ていてバタバタともがき苦しんでいるように見えて落ち着きが無い。
 あれほど慌ててシュートを放ってもそう入るもんじゃない。
 Jリーグのレベルはセルジオ越後が言う通り下がっているのかもしれない。

・阪神
 見ていて本当に面白いし、強い。
 奇跡は起こらないかもしれない、それでも必死に中日を追いかけて勝ち続けるのを観ていると涙腺が緩みそうになってしまう。
 たとえ優勝できなくても、阪神はこの数年で勝者のメンタリティを備えたチームになった。
 数年は面白いシーズンを楽しめそう。

・安倍晋三総理
 『美しい国』というキャッチフレーズはよく分からなくて、ああいう抽象的なことを堂々と発言するのは非常に危険だ。
 安倍総理にとっての美しい国は僕には美しく感じられないかもしれないと漠然と不安がよぎる。
 それとは別に、国会中継をちらっと観たが、その豹変ぶりに違和感を感じた。
 たしかに強気一辺倒は上手いやり方ではないと思うが、ハナからあそこまで信念を曲げて譲歩するのもいただけない、しかも民主党相手に。
 中国は与しやすしと判断しているかも。
 単にディベート能力が低いだけなのか?それならそれで問題がある。
 あの人の運の潮目は確実に変わりつつある。

・NO DANCE,NO LIFE 
 今日、WOWOWでモーリス・ベジャール演出のバレエ『NO DANCE,NO LIFE』が放送されていた。
 残念ながら僕が観たのは途中からだったが、久々に観ることができて嬉しくなった。
 ベジャールのダンスはバレエというジャンル分けに意味がないほど自由で、肉体の動きが艶かしい。
 ダンサー達のしなやかでピアノ線のような繊維質の筋肉が、日常ではありえない動きをすることによってもたらす官能はルキノ・ヴィスコンティや三島由紀夫に似たもので、毒に満ちている。
 大学時代に、彼の演出した仮名手本忠臣蔵を下敷きにした作品を劇場で観たことを思い出した。
 S席のチケットを2枚購入し一緒に観てくれる人を探したが、期待に反してどんなに魅力を説明しても同行してくれる者は見つからず、当日は満員のホールで僕の隣だけが空いていたっけ・・・。
 めちゃくちゃ感動はしたけれど、その思い出を共有してくれる人がいないのは寂しい。
[PR]
by luchino001 | 2006-10-07 02:11 | その他
 昨日深夜のBS1で北朝鮮との決勝を観た。
 U-17の試合を観戦するのは初めてで、知っている選手は水沼監督の息子と唯一のプロ選手であるセレッソの柿谷ぐらい。
 若き日本代表は顔にはまだ幼さが残りフィジカルも脆弱そのものだったが、とにかく足元の技術が高かった。
 得点はどれもがテクニカルで美しく、この年代のレベルの高さを感じさせるものだった。

 試合は前半に2点先行され、北朝鮮がフィジカルを全面に押し出す厳しい展開だったが、テクニックで上回る日本が時間の経過とともに主導権を握り、後半は柿谷のセンス溢れるトリッキーなシュートと時間が止まるようなスルーパスで終盤に追いつき延長に突入する。
 延長に入ると、後半にヴェルディユースの河野が細かなパス交換の流れから得点し遂に逆転する。
 そして点を取るしかなくなった北朝鮮の選手が前掛りになったところへ、またしても河野がディフェンスラインをすり抜けて冷静にシュートを決め、優勝が決定した。

 大会MVPは柿谷が受賞したが、文句なし。逸材です。
 U-17日本代表の中でも圧倒的な存在感で、ボールを持ったときは何かをやってくれる、才能ある選手特有の雰囲気があった。
 あとは甘やかされた挙句走ることを知らないまま劣化、なんてことにならないよう気をつけるのみ。
 
 アジアチャンピオンとして世界選手権に挑めるのは嬉しいが、現時点のメンバーでは余りにもフィジカルが弱く、守備における1対1の弱さは致命的。
 180cmを越える選手はもしかしてゼロなのか?
 運動量もまだまだ。
 もう2周りくらいの成長プラス選手の入れ替えがないとグループリーグで惨敗するのは確実。
 でも現時点での世界との差を肌で感じるのは将来に向けて貴重な体験になるだろう。
 本大会が楽しみ。
[PR]
by luchino001 | 2006-09-18 21:39 | スポーツ

柔道ワールドカップ

 最近の格闘技人気のせいか、柔道の世界選手権が民放のゴールデンタイムに放送されている。
 しかも団体戦である。
 時代は変わったもんだ。
 しかし相変わらず民放得意の日本オンリーな内容で、気持ち悪い。
 ゴールデンをやめて深夜枠でいいから他の強い国の試合も放送してくれ。

 女子の団体は準決勝でフランスに敗れた。
 フランスの柔道人口は日本の3倍で非常に高い人気があるらしい。
 アウェーだったけど、あの満員の観客からの声援がどういうわけか心地いい。
 観客はフランスを熱く応援していたが、どこかの国で行われたソフトボールの五輪予選のような日本人選手に対しての悪意がなく、健康的でフェアな応援だったからだろう。
 
 日本の2番手は横澤選手なのだが、キャラは地味だが非常に好きな選手である。
 今日、テレビで観たときは思わず「おーっ!横澤でてるやん!」と声が出てしまった。
 アテネ五輪は銀メダルだったものの、結果以上に試合の内容が非常に魅力的だったことを覚えている。
 オリンピックでの準決勝の勝ちっぷり、決勝の負けっぷり共に最高で、観ていて清々しい気分になった。
 天才ではなく明らかに努力と心の強さで柔道を練り上げていったタイプ。
 泥臭いはずなのに、本人の持つ静かな雰囲気によってそれを感じさせない。
 おそらく技を受けるセンスがあまりないのだろう、ポイントを取られて散々苦戦するが、絶対最後まで諦めない。
 そしてギリギリここ一番という時に見せる技は寒気が走るほどの切れ味だったりする。
 でもそれが毎回あるわけではないところがまた面白いところで。

 年齢的にはたぶんアテネの頃がピークだったと思えるが、もしも北京に出られて、再びあの面白すぎる試合を見せてくれると嬉しいなぁ。


 追記
 ちなみに男子は信じられないことに初戦敗退。
 相手は、やはりフランス・・・。
 これからしばらくは日本とフランスの勢力争いが続くのか、面白くなりそう。
 今年から本格的に復帰した野村は格下相手に判定負け。
 簡単に勝てるほど柔の道は甘くないですね。

 フジテレビの浮ついた試みは砕け散ったなぁ。その点では愉快愉快。
[PR]
by luchino001 | 2006-09-17 21:29 | スポーツ
 イエメンといわれて思いつくこと。
 アデンという町があり、そこはエデンの園だったのではないかといわれている。
 詩人のランボオと所縁が深い。
 中東なのに資源が少なく貧しいらしい。
 首都サナアの独特の模様に彩られた建築が世界遺産に登録されている。

 知っていることはこれくらいだが、見所は多そうで中東では個人的にイランと共に行ってみたい国の一つだ。

 で、そのイエメンと日本代表の試合を観たのだが、まーひどかった・・・。
 試合もひどかったが、何よりデコボコのピッチが最悪で、あれじゃあストリートサッカーをやってるようなもの。
 それとピッチの幅が異常に狭く感じたのだが気のせいだろうか。


 オシム監督になって4戦目だが、相変わらず内容は良いとはいえない。
 選手達はオシムの考えるサッカーを具現化しようと努力しているのは分かるが、それにプライオリティが置かれるあまり、対戦相手のことが置き去りにされているように感じる。
 闘争心よりもオシムサッカーをすることが最優先になっているのだ。
 人もボールもよく動く速い展開のサッカーをすることばかりに気を取られていて、かえってリズムが単調になり、観ている方としてはかなり苦痛を受ける。
 もっとエスプリの効いたプレーが観たかった。
 現状では本当の意味で「考えながら」プレーしていると言えないのではないか。
 とにかく選手達は素直すぎるというか、もっと己に対する自信とふてぶてしさを持った方がいい。
 監督に従順に従うだけでは駄目で、それこそオシムが最も嫌うことではないかと思う。

 采配にも疑問がある。
 守りきることのみが目的とさえ思えるような戦い方のイエメンに対して、ボランチが本職の選手を何人も同時にピッチに送り出す意味がよく分からない。
 遠藤はいい選手だと思うが断じて攻撃的MFではなく、リズムが単調になってしまった原因はそこにもあると思う。
 相手の戦い方から考えて守備能力の高い鈴木啓太じゃなく攻撃的な長谷川誠が先発という手もアリではなかったかなという気もする。


 それとサッカー協会とマスコミについて。
 オシムに対して遠慮しすぎ。
 これではジーコと同じくアンタッチャブルな存在になってしまう。
 強化委員会のチェック機能が働かなかったことが失われた4年間の大きな原因の一つだと僕は思っている。
 サッカー協会は同じ失敗を繰り返さないため、信頼することと妄信することを混同しないよう注意しなければならない。
 マスコミの仕事は過剰に持ち上げることと手の平を返して貶めることですか?
 裏で電通とのしがらみがあるのかもしれんが、そいつらも含めて国民を舐めすぎ。
 こちらも試合後の会見でオシムに教育されるのを待たないといけないのが情けない・・・。
 実力以上に期待→現実を突きつけられ失望して叩きまくるという、このパターンはもういいです。
 
 代表のサッカーの話題に戻るが、限りなくポジションがフリーで、個々が責任を持って主体的にリスクチャレンジに挑み、それらが有機的につながっていくサッカーがおそらくオシム監督の理想だと思われるが、正に理想なだけに道は険しい。
 今のところリスクチャレンジというより、いかに責任回避するかを考えながら走ってるんじゃないの?と厳しいことを言いたくなるような内容である。(それでもジーコジャパンより遥かにマシ)
 まだ始まったばかりだからちぐはぐなのは当たり前ではあるが、果たしてアジアカップまでに間に合うだろうか・・・。
 間に合わなかったら更迭もありうる。
 まあ何だかんだと書いたが、基本的にオシム路線には大賛成なので更迭されないことを祈りながら同時にブツブツと文句も言いつつ代表の成長を見ていきたいと思う。
[PR]
by luchino001 | 2006-09-08 01:28 | スポーツ

世界戦の反響

 昨日のボクシング世界戦について、やはりネガティブな反響は多い。
 まあ、そりゃそうだ。
 あんなのを観せられても親子愛がどうのこうのと言って手放しで感動できるほど素直(というか単純)な人ばかりじゃない。

 二宮清純氏とやくみつる氏がいいこと言ってます。
 二宮氏が言うように、オリンピック、ワールドカップなど、最近のスポーツ報道にみられるこの風潮は危険だと僕も思う。

 二宮&やくみつる  亀田・メディア批判

 追加
 あの試合における裏社会との繋がりについて、いくつかのブログで指摘があった。
 これが本当なら、えらいこっちゃ。

 勝谷誠彦の××な日々
 切込隊長ブログ~俺様キングダム~
 mumurブルログ
[PR]
by luchino001 | 2006-08-03 21:34 | テレビ・時事・ニュース